awahadaブログ~泡風呂~

関東在住の20代後半主婦です。子育てに関する知識、子育てで経験したことなどをまとめています。少しでも子育てママさんのお役に立てれば幸せです。

医療費控除のやり方

f:id:awahada:20200304225858j:plain


確定申告の時期がくるとドキドキする人はいませんか?

やらなきゃいけないのはわかってるけど

どうやってやるのかいまいちよく分からない…

私もその一人です!ドヤァ

 

今回は出産した人が通るであろう医療費控除の申請の仕方

まとめてみました。

 

ほとんど自分の確認用です。

1回やっても忘れてしまうのです。

 医療費控除とは?

そもそも医療費控除とはなんなのか?

 

これは、

「1年間で支払った医療費が10万円を超えたら

ちょっとお金が戻ってくる制度」です。

 

この戻ってくるお金は現金が戻ってくるわけではなく

所得税から控除されます。

 

個人ではなく、家族全員分のかかった医療費が対象になりますので

家族でトータル10万円を超えたら申請しましょう。

 

確定申告の期間は?

2020年の確定申告期間は

2月17日(月)~3月16日(月)

新型コロナウイルスの感染予防対策で

2月17日(月)~4月16日(木)まで延長されました。

 

この期間内であれば

確定申告会場やウェブ、郵送で申告できます。

 

この申請期間に遅れてしまっても

5年間は還付申請をすることができるので

 

手続きが間に合わなかったとしても

あきらめずに還付申請をしましょう。

 

誰が申請するの?

医療費控除は所得税から控除されるものですので

所得が高い人が申請したほうが控除額が大きくなります。

 

ですので、家族の中で一番収入が多い人が申請しましょう。

 

我が家はもちろん旦那さんが稼ぎ頭ですが

医療費控除とかお役所関係には疎いので

私が旦那の名前で申請を出しています。

 

絶対に本人じゃないといけないわけではないので

できる人がやりましょう。

 

申請の方法は?

医療費控除の申請の仕方は3つあります。

確定申告会場に行く

を持って会場に行ってください。

詳しい持ち物はこちらに書いてあります。

 

分からないことがあったら会場の職員さんに聞けるので

申請の仕方がわからなくて心配な方は会場に行くと安心です。

 

ですが、場合によっては並んでいたりするので子持ちの方には難しいと思います。

 

e-Taxで申請する

国税庁のホームページから「e-Tex」に登録して申請できます。

ペーパーレスで申請できるので印刷しに行く手間が省けます。

 

ですがこのe-Texを利用するには

通知カードではなくICチップ入りのマイナンバーカードが必要だったり

マイナンバーカード対応のカードリーダーが必要だったりと

ちょっとハードルが高いです。

 

書類を作成して送る

自宅で必要書類を作成して、国税庁に郵送して申請します。

子育てママの場合はこの方法が一番時間の融通が利くのでいいと思います。

 

必要書類が揃っているかしっかり確認して送りましょう。

 

家で確定申告する場合

 家で書類を作成する方法は2つあります。

  • 関係機関から書類をもらってきて作成する
  • ホームページで作成する

 

関係機関まで行くのがめんどくさい人や

行ったけど書類がなかったという人は

国税庁のホームページで確定申告書を作成することができます。

 

どちらも印刷して封筒で郵送するので

手間としてはあまり変わりませんが

手書きかパソコンで書くかの違いだと思ってください。

 

 具体的なやり方についてお話します。

 

準備するもの

確定申告をする前に必要な書類を準備します。

  1. 確定申告書
  2. 源泉徴収票の原本
  3. 医療費控除の明細書
  4. マイナンバーの本人書類の写し
  5. ある場合は医療費通知の原本
  6. 本人確認書類

2017年から医療費控除の明細書があれば

医療領収書は提出しなくてよくなりました。

提出はしなくていいですが

一応、領収書は5年間は保管しておいてください。

 

記入したり作成したりしないといけない書類は

「医療費控除の明細書」と「確定申告書」の2つです。

 

「確定申告書」は確定申告時期になると

税務署や出張所などに置いてあります。

最寄りの関係機関に取りにいきましょう。

 

書類は「申告書A」と「申告書B」があります。

申告者が会社員なら「申告書A」

申告者が個人事業主なら「申告書B」

をもらってきてください。

 

「医療費控除の明細書」も一緒に置いてあるので

忘れずにもらってきましょう。

 

書類が置いてなくてもホームページで印刷することができます。

 

この2つについて詳しく見ていきましょう。

 

医療費控除の明細書

先に医療費控除の明細書を準備します。

  

まず、源泉徴収票と領収書(あれば医療費通知書)を用意します。

 

明細書には「名前 病院」別に記入するので

名前と病院別に分けておきます。

 

書類の場合

 

 領収書の選別が終わったら、記入していきます。

 

1、医療費通知書がある方は書いてある金額を記入します。

 

2、領収書を確認しながら名前と病院別に記入していきます。

医療費通知書がある場合は

医療費通知書に書いてあるものとダブらないように気を付けてください。

 

3、医療費の合計と医療費通知書の金額を記入したら

源泉徴収票の金額を記入し

案内に沿って控除額を記入してください。

 

ウェブで作成する場合

エクセルで明細書を作成します。

この明細書は確定申告をウェブでする場合に使用します。

こちらで集計フォームをダウンロードします。

 

エクセルを起動したら

書類の時と同様に「名前 病院」別に記入していきます。

 

f:id:awahada:20200304145129p:plain

 

記入が終わったらわかりやすいところに保存してください。

 

確定申告書の作成の仕方

書類の場合

書類は「申告書A」と「申告書B」があります。

申告書Aは申告書Bの簡易版です。

会社勤めの人は申告書Aを使用します。

 

我が家の場合は申告書Aになりますので

今回は申告書Aの書き方を紹介します。

 

f:id:awahada:20200304232314p:plain

1、上の段は「日付・住所・氏名・マイナンバー」などを記入します。

2、源泉徴収票を見ながら

  • 「収入金額」の㋐を記入
  • 「所得金額」の①に給与所得控除後の金額を記入
  • ⑤に合計金額
  • 「所得から差し引かれる金額」⑥を記入
  • ⑯に合計金額を記入
  • ⑱に医療費控除明細書の最後に出した「医療費控除額」を記入
  • ⑳の合計金額を記入
  • ㉑㉒を記入
  • ㉜を記入
  • ㉞~㊱を記入
  • ㊳を記入
  • ㊵を記入
  • 受取口座を記入

これで申告書Aの第一表の記入が終わりです。

次に第二表があります。

 

こちらも源泉徴収票をみて金額を記入し

家族欄、控除欄を記入します。

⑱の支払い医療費等は明細書を見て記入してください。

 

ウェブで作成

 財務省のホームページから確定申告画面に行きます。

 

f:id:awahada:20200304143501p:plain

 

作成を開始をクリックして次に行きます。

 

f:id:awahada:20200304143242p:plain

今回は医療費控除ですので

所得税のところをクリックします。

 

f:id:awahada:20200304145308p:plain

 

我が家と同じ会社勤めの人用で説明します。

個人事業主の人は隣の赤いボタンをクリックしてください。

 

 

f:id:awahada:20200304143256p:plain

 

必要なのものや注意書きが出てくるので確認して「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143304p:plain

 

申請する人の生年月日を入力して「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143311p:plain

 

給与のみを選択して「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143319p:plain

 

当てはまる方にチェックを付けて「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143326p:plain

 

今回は医療費控除ですのでチェックをつけて「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143334p:plain

 

源泉徴収票の内容を入力します。

 

f:id:awahada:20200304143340p:plain

f:id:awahada:20200304143348p:plain

 

横の案内に従って源泉徴収票の内容を入力してください。

入力が終わったら「入力内容の確認」をクリック。

 

f:id:awahada:20200304143355p:plain

 

入力した内容が反映されますので

確認したら「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143402p:plain

 

次に医療費控除を入力します。

f:id:awahada:20200304143410p:plain

f:id:awahada:20200304143416p:plain


入力ボタンを押したら次の画面がでてきますので

「医療費控除を適用する」をクリックし

医療費控除の明細の提出の仕方を選んでください。

選んだら次へ進みます。

 

f:id:awahada:20200304143426p:plain

 

案内に従って医療費の入力をしたら

金額が反映されていることを確認して

「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143432p:plain

 

還付金額が表示されます。

確認したら「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143440p:plain

 

次に扶養家族の入力があります。

住民税の徴収方法は「給与から差し引き」を選択し

16歳未満の付与家族の入力をします。

入力をしたら「次へ」

 

f:id:awahada:20200304143448p:plain

 

還付金の受取先を指定します。

銀行口座、住所など必要事項を入力します。

 

f:id:awahada:20200304143454p:plain

 

最後に印刷する書類を選択します。

基本的に全部チェックを入れて印刷すれば間違いはないです。

チェックしたらファイルをダウンロードして印刷します。

 

家にプリンターがない人は

ダウンロードしたファイルをスマホに移して

コンビニで印刷できます。

 

必要書類がそろったら

必要書類がそろったら

財務省の窓口に直接提出に行くか

郵送で送ります。

 

郵送する場合は

書類をA4サイズの封筒に入れます。

 

 送り先は各財務局です。

↓こちらで住所を調べてください。

https://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm

 

 封筒の表に財務省の住所を書き

宛名は「○○財務省御中」と書きます。

赤ペンで「確定申告書在中」と書き四角で囲みます。

 

裏面に申告者の氏名と住所を忘れずに書きましょう。

 

送り方

確定申告書はとても大事な書類ですので

ポストに投函するのではなく

郵便局の窓口で出してください。

 

確定申告書は「信書」扱いになるので

宅配便で出すことはできませんので、注意しましょう。

 

終わりに

還付される金額は本当にわずかですが

ちょっとでも戻ってくると嬉しいですよね。

 

やってみたら意外と簡単なので

難しく考えずにやってしまいましょう!