awahadaブログ~泡風呂~

関東在住の20代後半主婦です。子育てに関する知識、子育てで経験したことなどをまとめています。少しでも子育てママさんのお役に立てれば幸せです。

完全断乳への道のり

f:id:awahada:20200224000534j:plain


娘1歳1か月と14日

ついに断乳を決行しました。

今回は私が断乳をするにあたって、絶対に知っておいたほうがいいこと

やり方など体験談を交えつつお話します。

 断乳方法

断乳のやり方はたくさんあります。

  • 計画的に授乳回数を減らす
  • 夜間断乳してから本断乳する
  • 一気に断乳する

大きく分けるとこの3つかと思います。

 

授乳をやめても母乳の生産は止まらないので

おっぱいが「もう作らなくていいんだ」と思うまで

おっぱいに母乳を溜めておく必要があります。

 

母乳を溜めておくと

おっぱいがガチガチに固まって熱を持った岩状態になります。

これが本当に痛いのですが

お母さんはみんな通る道だと思って

負担を軽くすることを考えましょう。

 

計画的に授乳回数を減らす

一番お母さんに負担がないのは計画的に授乳回数を減らしていくやり方です。

 

夜間断乳から初めて

日中の授乳回数を徐々に減らし

最後は夜寝かしつける時だけ授乳する

というところまで持っていって断乳するやり方です。

 

ほとんど卒乳状態の理想形です。

おっぱいに執着がなく、ご飯を食べることが好きな子は

このやり方で大丈夫だとおもいます。

 

夜間断乳をしてから本断乳をする

私の場合はこれです。

夜間断乳をして、落ち着いてきたら完全に断乳を行います。

 

2回断乳をする形になりますので

気分としては損した気になりますが

子供の精神的負担を軽減させてあげられます。

 

おっぱいの執着がある場合はどうしても

この方法になりますね。

 

一気に断乳する

急に復職が決まったり、保育園に預けることになったりなど

やむを得ず授乳をやめないといけなくなった人だとこの方法になるかと思います。

 

もちろんこの方法が悪いわけではありません。

ですが、お母さんの負担は大きいかと思います。

 

もし時間があるようなら、授乳回数を減らしてから断乳してください。

 

断乳していい時期

一般的な断乳時期は1歳~1歳半くらいが目安です。

  • 夜泣きがひどい
  • 離乳食を3食しっかり食べられる
  • 母乳以外で水分補給がしっかりできる
  • おっぱいトラブルがある
  • 次の子を作ろうと思っている

1歳を過ぎたら、これらの理由で断乳する人が多いようです。

 

最近では欲しがるだけおっぱいをあげるといいともいわれていますね。

お母さんに時間的、精神的余裕があるなら

子供が欲しがるだけ授乳してあげたほうがいいと思います。

 

我が家の場合は1歳をすぎたあたりから

完全に遊び飲みになってしまい

2時間に1回欲しがるのに

乳首を噛んだり、くわえるだけになったりしたので

もう必要ないんだろうなと判断しました。

 

子供の様子を見て、授乳をやめても問題なさそうなら

やめていいです。

そのほうがお母さんの身体的な負担が軽減されます。

 

断乳を決意したら

断乳するぞ!と決意したら

まず、日にちを設定します。

日にちを設定したらカレンダーに印をつけます。

この印は大きく目立つようにつけてください。

 

できれば旦那さんとか、手伝ってくれる人がいる時が望ましいです。

断乳が始まったら

おっぱいが張って痛くて子供を抱っこできなくなってしまいます。

さらに欲を言うなら旦那さんがいる連休が一番です。

 

子供には断乳決行日の10日~7日前から

カレンダーを一緒に見て

「この日になったら、おっぱいバイバイだよ。あと〇日だね。」

と印を指さしながらカウントダウンしていきます。

 

私の場合は10日前から1日2回言っていました。

 

日にちが近づいてくると

子供はだんだん何かを感じ始めます。

 

3日前くらいから授乳の間隔をさりげなくあけていきましょう。

おっぱいがほしいと言われたら、絵本に誘導してみたり

無理してやる必要はありません。

おっぱいをあげる前に

「もうすぐおっぱいとバイバイだよ」と念を押すだけでも十分です。

 

断乳決行日

最後の授乳は子供の好きなだけおっぱいを飲ませてあげて

「1年以上飲んでくれてありがとう。明日からおっぱいないけど、ママはあなたのこと大好きだよ。心配ないよ」

としっかり言い聞かせてあげましょう。

この言葉があるだけで子供は安心します。

 

人によっては決行日の朝一番まであげる人もいるようです。

そこはお母さんの好きなようにしたらいいでしょう。

 

また、血行が良くなると母乳が生産されやすいので

湯船につからず、シャワーで軽く済ませるようにしてください。

 

決行日の流れ

決行日は子供がどれだけ泣いてもおっぱいをあげてはいけません。

一番最初だけ

「今日からおっぱいないって言ってたよね。あなたはもうおっぱいがなくても大丈夫なんだよ。ママはそばにいるよ、大好きだよ」

と言いましょう。

その後はおっぱいを見せないのはもちろんですが

「おっぱい」という単語も3日くらいは言ってはいけません。

 

おっぱいを欲しがったらお茶を渡してみたり

絵本を読んであげたり

なんなら時間に関係なく離乳食やおやつをあげましょう。

とにかくおっぱいを忘れさせることが大切です。

 

1日目の日中はまだおっぱいの痛みもそんなにないかと思います。

動けるうちにたくさん遊んで抱きしめてあげてください。

夜になるにつれてどんどん痛くなるかと思います。

 

痛みの対処法

どんどんおっぱいが張って熱を持ってきます。

痛くなってきたら、痛い部分を冷やしてください。

 

保冷剤にタオルを巻いて痛いところに当てます。

 

冷えピタやタオルを濡らして冷やしてもいいですが、すぐ暖かくなってしまうので

保冷剤がおすすめです。

 

私は寝る時も保冷剤をくっつけたまま寝ました。

保冷剤で冷えますので、しっかり毛布をかぶってくださいね。

 

断乳2日目の流れ

2日目はおっぱいの痛みがピークになります。

腕も上げられない、子供を抱っこもできない

とにかく痛いです。

 

痛い時はとにかく冷やしてください。

圧抜き

2日目から圧抜きをしても大丈夫です。

圧抜きとは痛みが和らぐ程度に母乳を絞ることです。

 

母乳を溜めこみすぎると乳腺炎になってしまう可能性があるので

2日目の我慢できないタイミングで

1回圧抜きをしてください。

痛みが緩和され、かなり楽になります。

 

母乳量が多い方は1日目でも我慢できなくなったら圧抜きしてください。

状況に合わせてやるのが一番です。

 

この圧抜きで注意しなくてはいけないのは

乳首や乳輪を刺激してはいけないということです。

乳首や乳輪を刺激してしまうと

子供がおっぱいを吸っていると勘違いして

再び母乳が生産されてしまいます。

 

ですので、圧抜きは搾乳機は使えません。

手絞りです。

片方ずつ丁寧にやりましょう。

シャワーを浴びながら前かがみにやると母乳が出やすいです。

ただ、意外と寒いので風邪をひかないように注意してください。

 

≪やり方≫

  1. 両掌で乳房をつつみ、丸く円を描くように動かします。(ガチガチに張って痛いと思うのでゆっくり優しくやってください)
  2. おにぎりを握るように乳房を持ち、付け根から先端に向かって力を入れます。(乳輪を刺激しないようになるべく付け根に近いところを持ってください)
  3. はじめは乳輪の少し外側を軽く揉むように力を入れて、母乳を出しやすくします。
  4. 母乳が出始めたらわきの下など、痛いところから母乳を持ってくるイメージで押し出していきます。
  5. 痛みが軽くなったら止めます。

やりすぎるとまた母乳が生産されてしまいますので

やりすぎないように注意してください。

あくまでも痛みの軽減のための処置です。

両方のおっぱいでおちょこ1杯分くらいと言われています。

3日目以降

3日目にはおっぱいが張っていますが痛みがあまりない状態になります。

それでも子供を抱っこしたり、おっぱいを触ると痛いです。

必要なら圧抜きをしてください。

 

3日目の夜になったら

圧抜きのやり方で一度母乳を全て出し切ります。

 

その後は

またパンパンになって痛くなったら圧抜きをして

 

7日目にもう一度母乳を全て出し切ります。

 

あとは7日おきに母乳を出し切って

出なくなったら終了です。

 

残った母乳は体内に吸収されますが

中で固まったり

次の子の授乳に問題が出たりする可能性があるので

できる限り出し切りましょう。

 

心配なようなら、母乳外来を受診してマッサージをしてもらうといいです。

母乳外来は保険適用外で自己負担になります。

施設によりますが

初診で5000円程度

再診で2000~4000円程度かかります。

一生で何回もあることではないので

プロにお願いするのもいいと思います。

 

終わりに

断乳をしてみて、意外と日にちがかかることに驚きました。

そして何よりこんなに痛いとは…

なるべく冷やしたり、圧抜きをしたりして

痛みを緩和しながらやってください。

 

乳腺炎になったらもっとつらいですし

なにより、子供に不安を与えるようなことになっては子供がかわいそうです。

 

はじめの3日目くらいまではつらいですが

無理せずがんばりましょう。