awahadaブログ~泡風呂~

関東在住の20代後半主婦です。子育てに関する知識、子育てで経験したことなどをまとめています。少しでも子育てママさんのお役に立てれば幸せです。

図書館に行った

f:id:awahada:20200213222000j:plain

図書館という発想

私は小さいころからあまり本を読む習慣がありませんでした。

 

なので図書館も数えるくらいしか行ったことがありません。

 

しかし、娘ができた今

そうも言ってられません。

 

子供が小さいころは絵本をたくさん読んであげたほうがいいと

いたるところで言われます。

 

具体的には6歳までに1000冊と言われますね。

 

どうやってそんなに読むんだろうと妊婦の時から不思議でした。

 

買うの?

児童館とかで読むの?

 

そう、私の中に図書館で本を借りるなんて発想はなかったのです!

 

 皆そうしてるんだ

娘は月に何度か体操教室に行っているんですが

そこの先生に「家の絵本に飽きちゃってるけど、買うのは高いんですよね」

と相談したところ

 

「図書館で借りたらいいじゃない」

 

そういわれた時にそんな裏技があったのか!と驚きました。

 

善は急げで早速図書館に行ってきました。

 

10冊ほどかりて来たところ

 

2冊気に入ったようでずっとそれを読んでと言ってきます。

 

なるほど、こうやって絵本をたくさん読んで興味があるものがわかったりするのかと

 

買った絵本は飽きて読まないので幅を取るだけですが

借りた本はいくらあっても返せばすっきり

 

語彙力も増えるし

新しいモノには食いつくので

つまらない!とグズる回数も減りました。

 

世の中のお母さんたちはこうやって絵本をたくさん読んであげてたんだなあ

と、知らない世界をしりました。

 

これからたくさん絵本読んであげるぞ。

私の好みと娘の好みが違う気がするけど。

娘の好みがはっきりわかるキッカケになりそうです。